オーディオ製品の開発製造:Miyajima laboratory  販売:音のエジソン
1980年創立のオリジナル専門店です
音のエジソン
特価・中古推薦セットedison
メルマガ登録会社概要注文についてお問い合わせ

 

ゼロbar
 ■モノラル専用MCカートリッジ  特許番号:3300847号(縦軸集中方式)

ZERO


*御購入前に必ず御覧下さい

 

 

 

自重
約11.8g (African Black Wood)
適正針圧

MONO   2.0〜4.5g
SP 78rpm 3.0〜5.0g

針先

MONO   無垢ダイヤ丸針 0.7ミル/1.0ミル
SP 78rpm 無垢ダイヤ丸針 3.0ミル

針の寿命
約700時間(目安)
インピーダンス

約6Ω

出力 出力約0.4mV 〔MCカートリッジ〕
推奨室温
20〜30度(最適室温25度)

世界中のオーディオ製品が集まるアメリカの有名な『Stereophile』のRecomended Components(推奨商品)に、2015年度にMiyajima-labの9製品が取り上げられ、ZEROは最高評価Aランクを獲得した製品です。<Sterophile 2015 Recomended Components>

 

<その他貴重な評価はコチラのヒストリーページをご覧ください>

 

 

ご紹介

 

ゼロ(ZERO)の発電構造はMiyajima Labのモノラル専用カートリッジの中で最高の仕上がりです。
ボディはアフリカンブラックウッドで出来ています。この木はKansuiやShilabeにも採用したとてもきめ細かい木で、ブラックエボニーよりも比重が高いしっかりした木です。針先は無垢丸針です。
ゼロは非磁性体の軸で製作しています。 軸を非磁性体にする事で出力を出力0.4mVに抑え、磁力線の中でコイルのみで発電する為に、カートリッジの中で最速の反応をする事ができ、よりクリアでスピード感のある音質を実現しています。
昔の技術と現代の技術が一体となった最高のモノラル専用カートリッジをお楽しみ下さい。

 

Miyajima Laboratory : 世界40ヶ国以上に卸業者を持っています

 

 


 

特許第

 

特許証

 

モノラルレコードの精密なトレースと再生の為に造られた

Miyajima Laboratoryの特許構造です

 

  • 支点で支えられたコイル軸は負荷が少なく、モノラルの溝を正確にトレースします。
  • 上下運動は「0」です。ブレることはありません。
  • モノラルレコードの再生能力は非常に高く最高級品なのですが、モノラル専用の為、一般的な高級品のステレオカートリッジより安価です。

 

モノラルレコードに秘められた、ステレオレコードには真似できない正確な音溝を、

ハッキリと聞き取ることが出来ます。新たなモノラルの世界をご堪能下さい。

 

 

 

 

 モノラル専用カートリッジを製作する理由
現代のモノラルカートリッジのほとんどは、今のステレオカートリッジを片チャンネルにしただけのような単純な作りになっています。モノラルレコードの溝は横信号のみなので、ステレオ構造で製作する意味はありません。需要が少ないので、ステレオカートリッジと同じ構造で生産する事で、安く製作する事が出来ます。

しかし、ステレオ構造のままだと余分な縦の動きや、ステレオカートリッジの曖昧な支点などが影響し、すっきりとした音は出ません。低音は濁り、高音は細く、全体的に曇ったような音になってしまいます。
当店のモノラル専用カートリッジは、モノラルレコードの横信号に対して、横方向のみに作動し、綺麗な回転運動で発電しますので、モノラルに刻まれた音をそのままトレースして、忠実に音楽を再生します。このわずかな差がミクロの世界では大きな差となり、最終的に聞いた事がないような素晴らしい音楽を聴く事が出来ます。
モノラルレコードは音が悪いと言われるのは大きな誤解であり、1本の溝に2つの音声信号を入れたステレオレコードよりも、1本の溝に1つの音声信号を入れたモノラルレコードの方が音質が良いのです。

 

 

 

 

*製品の仕様は改良のため予告なく変更することがあります。御了承下さい。

 

端子 p

一般には真鍮の

端子が使用されて

いますが、当店で

使用している端子

は銅線を加工した

もので、電気の

導通が良好です。

製品にはケース、ネジセットとトラブル対策や取り付け方等の説明書、保証書が同封されています。

 

※携帯等で詳細写真が捲れない場合は、表示された写真を長押しして下さい。捲るボタンが表示されます。

 

 


【針先のサイズ 0.7mil/1.0mil の選択ができます】

0.7milは、主に1960年以降のモノラルレコードから、現代の復刻版を含むモノラルレコードに適しています。

1.0milは、主に1950年代のオリジナル盤(原盤)などの溝の深いモノラルレコードに適しています。
しかし、どちらも全ての年代のモノラルレコード再生には問題ありません。
両者の差はわずかですので、お好みでお選び下さい。色々な年代を幅広く聴かれる方は0.7mil、1950年代のオリジナル盤(原盤)を主に聴かれる方は1.0milをお勧め致します。

 

 


モノラルレコード専用 ゼロMONO CM-08 (African Black Wood)
希望小売価格 ¥210,000を ¥175,000(税別)
現在、品薄状態の為に発送が数日遅れております
個数:   針先のサイズ:
針交換はこちらへ
針交換


SPレコード専用 ゼロSP 78rpm CM-08SP (African Black Wood)特注
希望小売価格 ¥223,000を ¥186,000(税別)
現在、品薄状態の為に発送が数日遅れております
個数:  針先のサイズ:3.0ミル  
針交換はこちらへ
針交換


シェルの同時御購入について

シェル付きを御希望の方は、シェルを同時にお買い上げ下さい。
取り付けて発送致します。
シェルの詳細はこちら(写真をクリック)⇒

シェル

 

 

 

 

このページのトップへ

 

 



JACCS
クレジットローンを御希望される場合は
ジャックスを御利用下さい。
15回まで
金利手数料無料!18回以上も低金利

手続き簡単!
詳しい内容はこちら


ゆうちょ銀行福岡中央銀行楽天銀行ジャパンネット銀行カード決済
<<決済方法一覧>>
 ・ゆうちょ銀行/福岡中央銀行/楽天銀行/ジャパンネット銀行 (全て先払い)
 ・カード決済 (VISA/MASTER/NICOS/JCB/AMEX)
 ・郵便局の代金引換ゆうパック (手数料+\300)
 ・無金利/低金利クレジットローン (JACCSクレジット)
Copyright(C)2006 otono-edison.com All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】